TANNYMOTORS

一度人を食らった熊は、その味が忘れられず再び人里に降りてくるという。つまりバイクの日記です。

神は「いい感じのツアラーあれ」と言われた。するとCBR400Rがあった。

親父にスーパーカブを引き渡した2021年の夏。このまま車輪のない生活に甘んじるつもりはなかったが、次は何に乗るべきだろうか。信心深い私はこの大きな悩みについて聖書に教えを求めた。

神は「いい感じのツアラーあれ」と言われた。するとCBR400Rがあった。旧約聖書『創世記』より

THIS IS GOOD MOTORCYCLE!!!

レンタルバイクを乗り比べた結果、選ばれたのはCBR400Rでした。

CBR400Rのインプレ

 防風性能バッチリのフルカウル。高速道路でも安定感抜群の車重。ギアチェンジも楽々なアシスト&スリッパークラッチ。バキバキに目立つ赤。ベタベタの足つき。CBR400Rはレベルの高い合格点をオールウェイズ出してくれる。とても良い巡り合わせでした。対戦ありがとうございました。

日帰りから1週間程度のツーリングをこなすのに「ちょうどいい」バイクです。セパハンで前傾の乗車姿勢に最初はビビるかもしれませんが、荷重が分散するおかげでカブに乗っていたときよりCBRのほうがはるかに楽です。ママチャリよりロードバイクのほうが遠乗りに向いてるのと同じ理屈ですね。むしろ操縦感が増して乗ること自体が楽しい。リアとフロントのプリロードを弄ると操作性が結構変わるらしいですが一度でも触ると沼にはまる予感。

オプションはETC、エンジンスライダー、ハンドルマウントステー、スマホホルダー、USB電源。カブのようなステッカーチューンもせずそのままで乗ってます。こいつはそういうのじゃないんだ。そのままでいいんだ。

フルカウルはこのコクピット感にテンションが上がる。あとクリアのスクリーンはフェリー乗船時の行き先札を入れるのにめちゃくちゃ便利。

エンジンは2気筒でトルクも十分。高回転域まで回すバイクではないらしい。非力感もなく本当に「適切」の2文字が似合う。6速5000回転で80km以上出るので無理なく経済速度で巡航できます。燃費は約30km/l。同じバイクで40km/l近い人もいましたがそれは…体重の差かな…

デメリットは外装を外すのがめんどくさいこととセンタースタンドがないことぐらいですがこの辺は最初から分かってたことなので問題なし。カブなら全て自分で整備できそうでしたがCBRはオイル交換とチェーンメンテ以外はディーラーにおまかせ。プロの技術ってすごいね。

乗り比べたバイクの感想メモ

HONDA VTR250

高校生の時からずっと欲しかったVTR。いつ見ても綺麗だわ…でも中古価格60万はやりすぎじゃないかな…モトジムカーナやるなら買ってた。

KAWASAKI Ninja250

エンジンぶん回すと楽しい。直線的なデザインがオタク心をくすぐる。

YAMAHA YZF-R25

おしゃれ!軽い!乗りやすい!そりゃ大学生も乗るわ!

HONDA CB400SB

ンバアアアアアアアアアアァァァァァァァァァ!!!!!!!!!(HYPER VTEC!!!!!!)

バイクはコスパのみにて乗るにあらず。楽しく乗ろうぜ。

コスト面でZ250やCB250なんかとも迷いましたが結局自分の乗り方に合わせて選んで正解でした。趣味にケチるのは魂をケチるのと同義ですよ。乗りたいものに乗って行きたいところに行くのが趣味ならそれを妨げちゃいかんのです。それじゃ私は一足先に魂のグレード上げてくるんで…

(そもそもなんでカブを手放したのか自分でも分かんないな…)

カブでキャンプツーリングに行く場合の積載と装備を書いて承認欲求を満たします<九州カブツーリング5日目>

<前>

キャンパーの朝は早い。なぜなら朝日が眼球へバチバチに刺さってくるから。自然と共に目を覚ますとかそういうオーガニックコットン100%な理由じゃないんです。8月上旬でも阿蘇の夜は結構涼しくて夏用シュラフでちょうどいいぐらい。

あれ…?これ書いてるのゴールデンウイークど真ん中なのに仕事してるんだよな…なんか腹立ってきたな...急にSEO汚染してるようなカステキスト書きたくなってきたな…

 

カブでキャンプツーリングに行く場合の装備は?積載方法は?調べてみました!

スーパーカブの積載性があれば装備の増えがちなキャンプツーリングもバッチリ楽しめます!でもキャンプの装備やカブに荷物を積む方法って分からないですよね?そこでカブでキャンプツーリングに行くための装備をまとめてみました!罪悪感に押しつぶされそう。

まずバイクに積載している装備品を広げてみるとこう

テーブル、椅子、シュラフあたりのキャンプ道具は全部箱の中に入ります。

そして積み込むとこう

積載物リスト


テント、コット、箱をロックストラップで締めるとテントとコットが良い感じの背もたれになるので無敵の走行姿勢が手に入ります。北海道上陸して札幌から一気に宗谷岬まで行けたのはこいつのおかげ。

箱のフタにはアイボルトを打ち込んでクーラーバッグ、リュック、サンダルなんかを括り付けられるようにしています。持ち帰るゴミとかもカラビナで引っかけたりできるので使い勝手は最高。ただボルトの位置を忘れて腰かけると尻の肉がもげるかもしれません。失礼、もげました。

リアキャリアの左側にマップケースには「大事だけどかさばるメンドクセエ奴ら」こと雨具や工具を入れてあります。エアゲージ、エアバルブ、フクピカも入れてあるので日常点検は対応可能。マップケースの中にマップ?そんなものはないよ。

足元のベトナムキャリアに着けてるボトルケースにはガソリン携行缶1Lかスタンレーのクックセットイワタニのジュニアコンパクトバーナーを突っ込んだ最強調理セットを入れてます。正直ガソリン携行缶なんて北海道ぐらいでしか使いません。使わないと死ぬタイミングはありましたけどね。

箱の上のリュックには衣服や貴重品を入れているのでホテル着からの即チェックインや食堂への即時突入が可能になっています。「リュックなんだから背負えよwww」と思うでしょうが1日中背負ってたらそれだけで疲れが溜まるの!!!だって私もう若くないの!!!誰も私を求めてくれない!!!誰も私を抱きしめてくれない!!!

 

ッスゥー...

 

旅を重ねるごとに最適化された荷物達はある種の機能美を感じますね。
いかがでしたか?もう辞めていいですか?

 

さて、阿蘇を出発した我々は湯布院を経由して大分は別府を目指します。帰りたくねえなあという思いを由布岳は優しく受け止めてギアを2速に落としてくれました。全然登らねえ。誰も登坂車線から逃れられない運命なのか。

別府は何度は訪れたことがありますが相変わらず硫黄の香りが...アレで...うん...

だって食事してる店の駐車場で地獄窯作って料理してるんだもの。硫黄フレーバーのゆで卵ととり天まで食べたらそりゃ硫黄臭くなるわ。

相変わらず性根が腐っている私は湯治もかねて別府の湯を浴びることにしました。しかし案の定疲れが爆発して休憩所で延々とオリンピックを見る羽目に。このツーリングだって真夏の大冒険なんだぞ。

そのまま座敷でアイスを食べてるとだんだん眠たくなってきたのでその日のうちに別府発大阪行きのフェリーで家に帰ることにしました。正直あと1日滞在できたけど、無理して暇を持て余すより行きそびれた場所を残しておく方が良い思い出になるでしょう。

ちなみに12人部屋に1人で放り込まれたので滅茶苦茶怖かったです。一人で「消灯!」と宣言して真っ暗な部屋で寝ました。

そしてオイルを入れ替えたスーパーカブは親父の退職祝いとなり、それから親父は延々と日本中を旅するようになりましたとさ。

<おわり>

阿蘇!馬!キャンプ!犬!<九州カブツーリング4日目>

<前>

九州4日目の朝はコインランドリーからスタート。ツーリング中の着替えは2日分がちょうどいい。着用済みの衣類と未着用の衣類が混ざることもないし、2日分の洗濯物ならコインランドリーも1回で済むし、リュックにも無理なく詰め込める。旅慣れてる感あるぞ!

この日の朝ごはんは熊本地方卸売市場の平六食堂。市場のご飯屋さんは全部美味いからね。あと大塚製薬の自販機があるお店はみんな優しいって決まってるからね。

今回はまぐろの山かけ丼。単品で590円。590円…?この単価だと2杯食べるけど…いいのか…?そういうお店なのか…?

出発。昨日までは海沿いばっかり走ってましたが今日は山を走ります。そうです、阿蘇です。

海抜ゼロメートルから1000メートルまで登っていくとそれなりに涼しくなってくるし道も楽しいし馬も可愛い。全部楽しいぞ、九州。

大観峰からは昨日登った島原の雲仙岳も見えてました。とんでもない絶景。これ相当作り込まれたオープンワールドだわ。

なお道中はずっと山道なので110㏄だと3速か2速で走ることになります。どんだけ道譲ったことか。

ここは阿蘇の外郭のような部分なので、いったん内側に下ってそこから中心部の中岳に向かいます。道の駅「阿蘇」はイートインスペースが滅茶苦茶快適でした。1時間は動けなかったぞ。

そこから!中岳を!登る!デカい!キレイ!

噴火であちこちボコボコになってましたけど最近も噴火したらしいですね。料金所で「自己責任やから気を付けや!」と言われましたが正直気を付けたところでなんですよ。

1日くらいキャンプすっか!と思いこの日は「鍋の平キャンプ村」で一泊。事務所で死んだように眠ってた管理人のおっちゃんを叩き起こして設営。

そして優勝。

平日なので誰もおらず気兼ねなくカップ麺を食べられる。キャンプ飯?そういうのは良く分かんないですね…地元で売られてる知らないカップ麺を食べることですかね…?

あとは管理犬と戯れて近所の温泉に飛び込んで芝生でスリップしてカブをぶっ転がしてこの日は終了。

阿蘇…良いところだわ…

<つづき>

え?この景色が実写なんですか!?<九州カブツーリング2日目・3日目>

<前>

おはよう日本。日本最高峰のホテルといえばドーミーインですね。夜鳴きそば、風呂上がりのアイス、ご当地朝ごはん、この世の幸せのすべてがドーミーインにあると言っても過言ではないでしょう。トレイごとお代わりするバイキングなんてドーミーイン以外じゃありえない。

この日の目標は天草。国道をひたすら北上しながら蔵之元港のフェリーに乗って天草上陸を目指します。今回のツーリングではちまちまフェリーを乗り継ぎましたがどれも近距離航路で生活の足として使われているのがすごく羨ましかったです。しかも航路と言いつつ国道でもあるのがなんとも不思議。

最高だなあ。

天草については天正遣欧少年使節の知識しかなかったんですが道の駅でもゴリゴリ推されてたので安心しました。みんな戦国鍋TV見てたんだろうね。

この日は無料キャンプ場と言う名のただの浜辺で野営しようとしましたが写真撮っただけで汗だくになったためネットカフェに避難。水分補給をビールでしなくて良かった。ジェームズ・ブラウンになってしまうところだった。

 

天草で夜を明かした翌日は再びフェリーに乗って今度は島原へ。そう、「天草四郎と島原de乱れ隊」で有名な天草です。は?10年前のテレビ番組?何いってんすか?

いちいち天気が良くてたまらんぜ。

さて実際の島原はどうだったかと言うと、雲仙普賢岳を中心に山と海と温泉を備える最高な土地でした。どこを走ってもPS5並のビジュアルに震えたね。そしてそのまま温泉に入ったら疲れが爆発して休憩所から2時間動けませんでした。

おまけにここからもう1回フェリーに乗ってこの日は熊本で一泊。人生初熊本なのでやっぱり熊本城は外せな・・・?

ああああああ!!!!!!

かっけええええええ!!!!!!

この日は絶景にぶん殴られながら九州最強のスーパー銭湯に泊まって終了。体力的にはボコボコですがそれ以上に景色が良すぎてメンタルはパキパキ。これは良い旅。

<つづき>

ヘヘッ!上田も螺旋食うのかぁ?<九州カブツーリング0日目・1日目>

カブを親父の定年祝いに供出することになった2021年夏。宗谷岬は行ったけど佐多岬には行っていないのが気になってしょうがない。なので本州の隅を塗りつぶすために宮崎行きのフェリーに乗って九州南半分肩パンツーリングへ出かけることにしました。

まずは17時大阪発の志布志行き「さんふらわあ」に乗船。

フェリーで飲むビールは約束された勝利の味。

この盛り付けはデブか野球部しかやらん。気休め程度に取ったサラダに謝ったほうが良い。

志布志港には翌朝9時ごろ着。気温は35度ぐらいあるはずなのに京都みたいに空気が澱んでなくて素晴らしい。

とはいえ暑いのは事実なのでアームカバーにバラクラバ着用で肌を完全防備しつつ走行中は湧き水を体に浴びせながら走ります。塩タブレットが命をつなぐ。

鹿児島最初の目的地は鹿屋航空基地史料館。が、予約してなかったので見学は諦めて外をうろうろして終了。それだけでもかなりボリュームあったし頭上ではヘリコプターがブンブン飛んでるし見ごたえは十分。

準備というものをしていないからこうなるんだ。

目当ての二式飛行艇。デカい。

多分US-1。同じくデカい。

きみ海上自衛隊じゃねえよな?

財宝の自販機を見つけて怒濤の英語「みすず学苑」に思いをはせる。

そこから鹿児島湾に沿って南下して本土最南端・佐多岬に到達。

"碑"があると撮るよね。

岬からの展望も大満足。屋久島まで見えたぞ。

謎の看板が喧嘩売ってきたので「宗谷岬wwwwもう行ってますけど????wwww」と煽り返して佐多岬は終了。

そのあとは桜島の周りをぐるぐる走ったり長渕剛のモノマネ(「ヘヘッ!上田も螺旋食うのかぁ?」)をしたりしながら桜島フェリー鹿児島市内に突入してドーミーインにチェックイン。

初手で旅の目的を達成しちゃうと次の日からなにをすれば良いか全くわからなくなるから最高だな。

天文館で食べたラーメンがべらぼうに美味しかったです。

<つづき>

あめちゃんを消費していく度にガチ恋になっていた「NEEDY GIRL OVERDOS」

f:id:tannymotors:20220124022933j:plain

メンヘラ彼女を配信者に育て上げる「NEEDY GIRL OVERDOS」を購入し、6時間ぶっ通しでプレイしながら僕は唸り声をあげていた。

脚本がにゃるらで主題歌がKOTOKOゼロ年代サブカルネタ満載と聞いたら買わずにはいられなかった。というより面白いとかどうこう考えるよりも前に購入することは確定していたのだ。脊髄反射でクリックしたよ。

こんなん買うに決まってますやん。

メンヘラ彼女こと「超天ちゃん」が配信中に繰り出すネタは、膨大なネットミームを凝縮し1滴1滴丁寧に抽出したドモホルンリンクルのように濃厚で、テキストを読み進めるたびに脳が痺れる。登場するネタも適当に選ばれたものじゃない。そのネタを実際に愛好していたであろうにゃるらの足跡が「超天ちゃん」から垣間見えた。シャープ並の「中の人感」をバキバキに感じる。でも目の前にいるのはインターネットエンジェル「超天ちゃん」であるから、そこのラインは間違えちゃいけない。

しかしインターネットエンジェルと言えどもオフライン上では顔の良いメンヘラ(メンヘラ顔の権化みてえな顔してやがる)こと「あめちゃん」であるので、心療内科に連れて行ったりネットの海を漂いながら真実に目覚めたりしなければいけない。ストレスため過ぎるとリストをカットしちゃうからね。メンヘラってめんどくせぇーでも顔が良いから許されるんだよなー。

ゲーム自体は1周1時間もかからないのですいすいプレイできる。ただしほとんどのエンディングはバッドエンドである。メンヘラにハッピーエンドは似合わないのは当然だけれど、ただ見方によっちゃ幸せかもな?というエンドもある。いろんなエンディングを見たくてどんどん周回を重ね、そのたびに「あめちゃん」か「超天ちゃん」がぶっ壊れていった。ゲームの中の「超天ちゃん」を消費しているような気分でだんだん悲しくなってきたけど、やっぱりリアルの「超天ちゃん」は最高に可愛くて面白いね。

Twitterもバズりまくってるし、この間の配信だって面白かったもん。

生配信じゃコメント読んでくれたし、やっぱり超天ちゃんは存在するんだ!って感動したよ。抜け駆けで告白したくなっちゃうのも良く分かるよ。 

 

は?中の人?にゃるら?誰ですそれ?

 

 

ミカン畑でつかまえて

もしも君が、ほんとにこの話を聞きたいんならだな、まず、ミカンがどこで生産されているとか、どんなみっともない指の色をしていたとか、僕が生まれる前にミカンが何をしていたかとか、その手のポン・ジュース的なしょうもないあれこれを知りたがるかも知れない。でもはっきり言ってね、その手の話をする気になれないんだよ。

冬になるといつも誰かがミカンを配っている気がしないか?その”誰か”ってのは大抵実家や親戚がミカン農家で、毎年段ボールいっぱいに入った(どう考えても1人で食べきれる量じゃない)ミカンを送られてきていて、そいつ自身じゃどうしようもないから、周りにミカンを配りながら在庫を片付けてるんだ。

僕自身、親父の方の実家がミカン農家だし、同僚の実家もミカン農家だし、取引先の実家もミカン農家だから、この時期は常に誰かがミカンを配り歩いているんだ。こうした”ミカンサプライヤー”みたいなのがいるおかげで僕らは柑橘類を店で買わずに済む。これだけは良いところと言ってもいいかもしれない。

ただ僕を含めてこの辺りには3人もサプライヤーがいるおかげで僕らの周りにはミカンを受け入れる余力がほとんどない。でも僕らとしてもミカンをダブつかせるわけにはいかないから、最近はマイナス価格を付けた原油市場のような状態なんだ。誰でもいいからミカンを引き受けてくれ!ってね。

ちなみにミカンを美味しく食べる方法って知ってるかい?ミカンを手のひらにたたきつけるんだ。グローブにボールを投げ込むみたいにね。ここにいくつかミカンがあるからやってみるといい。食べ比べるために叩きつけるミカンとそうじゃないミカンを用意しておこう。あとは誰かに食べさせるためにもう1セットだ。よし、じゃあそれを君にあげるよ。別に礼はいらない。伊達直人でもあしながおじさんでもいいから、とりあえずそれを受け取ってくれ。むしろ君が好むと好まざるとにかかわらず、このミカンたちは君のものなんだ。

だから君がどうしようもない理不尽や悪意に立ち向かわなくちゃいけない時に、さっき教えたミカンの美味しい食べ方を思い出してくれ。そこに含蓄や学びがあるかは分からないけれど、美味しいミカンを食べれば少しは気がまぎれるだろうし、僕もミカンの在庫が減って助かるからね。